※コピープロテクトを解除してのリッピング行為は違法です。

 

header

 

当サイトで紹介している「EzCAP HD」なら、

DVDプレイヤーとPCに接続するだけで、

DVDのコピープロテクトに抵触することなくDVDコピー

が可能です。

 ※原理的にはモニターに出力される映像をキャプチャ録画するものです。

DSC_0044

 

EzCAP HDのキャプチャコピー

 

キャプチャコピーとは、

DVDを再生させた映像を録画する形でコピーすることをいいます。

 

通常、キャプチャコピーはPCで再生と録画を同時に行うため、

PCに大きな負荷がかかり画像の劣化や音ズレを伴いやすいものでしたが・・・

EzCAP HDは、

再生DVDプレイヤー

録画PC

に分けてキャプチャコピーを行うため、

パソコンでの録画にくらべて画質の劣化を大幅におさえることができました

 

 

 

EzCAP HDの接続について

parfect1

EzCAP HDは、

DVDプレイヤーで再生させた映像をPCに映し、

その映像を録画する形で映像の録画コピーを行います。

 

DSC_0049

 

EzCAP HDの他に必要なものは再生機器とPCです。

この3点をHDMIやコンポーネント接続にて接続します。

以下の端子に対応していますので、

お使いのプレイヤーの端子をご確認ください

 

IMG_1035

【EasyCAP HD対応ケーブル(端子)】

・HDMIケーブル(黒の平らな端子)
・コンポーネントケーブル(緑・青・赤の端子)
・コンポジットケーブル(黄の端子)
・S端子ケーブル(黒の丸い端子)
・オーディオケーブル(白・赤の端子)

※EzCAP HDにはHDCPなどのプロテクトを解除する機能はついておりません

 

EzCAP HDのメリットデメリット

<メリット>

コピーガードを一切解除せずにDVDコピー(高画質録画)が可能

・接続可能な機器ならBD、VHS、ゲームなどの映像もキャプチャ可能

動画としてPCに取り込める

動画編集書き込みソフトが付属でついてくる

(付属ソフトはMediaEspresso6.5/PowerDirector DE10となっています)

 

<デメリット>

DVDデッキなどの再生機器とPC(Windows)が必要

・再生時間分、録画がかかる(1時間のDVDなら1時間)

 

DSCN3520

 

「安心してDVDコピーをしたい!!」

 

DVDブルーレイビデオもコピーしたい!!」

 

なんて方にはぜひおすすめしたい製品になっています。

 

>>EzCAP HDに関する詳しい情報はこちらから<<

 

 

RipGuard

「コピーガードの種類」でご紹介した、メジャーなコピーガードCSS。
前回、話した通り、このCSSが解読されてしまったことにより、
「DVDコピー」というワードが広く浸透したと言っても過言ではないでしょう。

DVDコピーソフトさえあれば、CSSが誰でも解除可能になった2005年にマクロビジョン社により開発されたコピーガードがこのRipGuardです。
RipGuardはDVDのデータの中に映像、音声以外の偽物のデータを忍ばせており、
意図的に読み込みエラーを誘発させてDVDコピーを妨げる仕組みになっています。

一度、解読されたらDVDコピーできてしまうCSSとは異なり、解除自体が困難なため、
ユニバーサルピクチャーズやブエナ・ビスタがこのRipGuardを採用しました。
現在でも、DVDコピーソフトによってはこのRipGuardを解除できないソフトは多くあります。

しかし、RipGuardを搭載したDVDは一部のプレイヤーで再生ができないなどの不具合が発生し、
現在もこのコピーガードが採用されているDVDは少ないようです。

※RipGuardの解除は違法です

容量偽装DVD

去年、流行した割と新しいコピーガードです。
その名前の通り、DVDの容量自体を偽装するコピーガードとなっており、
通常のDVD(8GBほどのもの)が60GBほどに認識されてしまいます。

そのため、DVDコピーしようとも60GBのどこに本物の映像・音声データがあるか分からず、
多くのDVDコピーソフトではコピーが出来ません。上記のRipGuardと仕様は似ていますね。

現在もこの容量偽装を採用しているDVDは多く、一部のDVDコピーソフトでコピーは可能ですが、
このコピーガードを解除しての複製(リッピング)はもちろん違法となっています。

※容量偽装DVDの解除は違法です

リージョンコード

DVDを再生したけど、再生できない……
なんてことがあるかと思います。

原因はいろいろあるかと思いますが、
そのDVDが海外製だった場合、リージョンコードを疑ったほうがいいかもしれません。

リージョンコードとは、
その名前のとおり、DVDによって再生できる地域を区分するコードで、
再生するDVDと再生に使うプレイヤーのコードが一致していないと再生できなくなっています。
ちなみにアメリカは1、日本は2となっています。

グローバル化によって海外の友人に日本のアニメDVDを送ったり、
ネットで海外製のDVDを輸入することなども多くなってきた現代において、
リージョンコードに関するトラブルは多くなってきていると思います。

そこで、一部のDVDコピーソフトで
DVDコピーをしてリージョンコードを無くすというやり方があります。

リージョンコードの異なるDVDをDVDコピーして、別のDVD-Rなどに複製すれば、
リージョンコードの無いリージョンフリーのDVDが作成可能です。

また、どのリージョンコードのDVDでも再生できるリージョンフリーのプレイヤーが存在しますが、
リージョンフリーのプレイヤーは違法であるという見解が世界的に有力となっていますので実行はしないでください。

※コピーガードの掛かっているリージョンDVDの解除は違法です

DVDコピーを語る上で切っても切れない関係にあるのがコピーガードです。コピーガードには多くの種類があります。
当然のことですが、コピーガードが多いということは、
それだけDVDコピーの需要が多くあるということになります。

このページでは主なコピーガードをまとめてみました。

CSS

コピーガードにはいろいろな種類がありますが、
一番有名であろうと思われるのがこのCSSです。

レンタルDVDを借りたことがある方なら一度は聞いたことがあるかもしれません。

CSSとはContent Scramble Systemの略称で
3つの鍵(マスター鍵、ディスク鍵、タイトル鍵)が連鎖して不正なDVDコピーを防ぐ働きがあり、1996年から市販のDVDに導入されました。

しかし、1999年にノルウェーの10代の少年により、CSSの暗号が解読され、
CSS解除ツールが世界中に出回りました。

我が国ではこのCSSを解除してDVDをコピーすることは現在、違法となっていますが、
DVDコピーが騒がれていた、つい2、3年前までは違法ではなかったのです。

CSSだけはコピーガードの中でも曖昧な位置にあり、
2013年10月の著作権法の改正まで日本国内での私的なCSS解除は合法とされていたのです。

なぜCSSだけ合法だったのでしょうか?

実はCSSは厳密にいうと、コピーガードではありません。

CSSはアクセスコントロールの一種で、
CSSに対応したプレイヤーや再生機器でないと映像を再生できなくさせるものなのです。
動画サイトで有料会員しか閲覧できないようにさせていることと同じ働きですね。

つまり、CSSは「DVDコピーを防ぐ」というよりは「再生機器のメーカーの利権」のために作られたといえるのです。

そのため、CSSの位置づけはあくまでアクセスコントロールでありコピーガードには該当しないとされてきました。
しかし、さきほど話した通り、現在では著作権法の改正により、CSSを解除してDVDコピーをすることは違法となっています。

AACS

正式名称はAdvanced Access Content System。

CSSのブルーレイバージョンです。

CSSのページでお話したとおり、1999年にCSSの暗号が解読されて以来、
CSSを解除してDVDコピーすることが容易になってしまったことにより、
次世代規格であるブルーレイに新たなコピーガードが採用されました。

それがAACSです。

AACSは一度、暗号が解読されても、
更なる対策を追加できることができるようになりました。

そのため、たとえ今、出荷されているブルーレイのAACSが解除されても、
コピーガードを強化して次の出荷分に施すことが可能となったわけです。

また、あくまでAACSもCSSのようにアクセスコントロールなので、
最新のブルーレイソフトを再生すると再生機器側のAACSが最新に強化される仕様になっています。

これにより、例えば、今までAACSを解除してコピーできていたものも、
最新のソフトを再生することにより、AACSが強化され、コピーできなくなってしまうのです。

もちろん、このAACSを解除してのコピーも違法ですが、
現在でもリッピングソフトが最新のAACSを解除し、
AACSはさらに強化したガードをアップデートするという状態が続いています。

CPRM

DVDコピーにおいて最近、有名なのがこのコピーガードです
今やどこの家庭にも普及している地デジ。
この地デジの気になった番組をテレビに録画している方も多いと思います。
それをDVD-Rなどの媒体に書きこむとこのCPRMが有効になります。

CPRMが有効になると、
他のDVDなどにコピーすることが出来なくなります(コピーワンス)

また、CPRMに対応した再生機器でないと再生もできません。
例えば、地デジを録画したDVDはパソコンなどで再生ができません。
(一部のプレイヤーでは可能)

CPRMは地デジ移行の際に作成された日本独自のコピーガードで、
解除することは可能ですが、CPRM解除専用のソフトが必要になりますし、
もちろん、CPRMの解除は違法となります。

地デジの普及や録画操作の容易さから、
今までDVDコピーとは縁のなかった方も多くこのCPRMで悩んでいるかと思われます。

※ソフトを使ったDVDのコピーですが、2013年12月現在、かなり厳しくなりました。
コピーガードを技術的に解除してのリッピング=違法、であるためです。

少しアナログではありますが、DVD再生機器からの映像出力を【録画】(キャプチャコピー)する方法であれば、
DVDのコピーガードを解除することなく保存が可能になります。
※厳密に説明すると、映像出力でもデジタル出力(HDMIなど)のものはHDCPというプロテクトが掛かっていることがあります。これを解除するのはもちろん違法ですし、当サイトで紹介するEasyCAPHDも、そういった機能は有していません。とにかくコピーガードの解除は全部ダメ、と覚えておきましょう。
(再生デッキにコンポーネントが付いていれば、フルHD画質でアナログ出力することができます。この場合は録画もできます。)

DVDを高画質録画コピーするならこの機器がおすすめ
↓↓↓↓↓
Easy CAP HD!!!!!!

方法としてはDVDプレイヤーやブルーレイプレイヤーとEasy CAP HD、
そしてEasy CAP HDをパソコンを繋いで再生映像を取り込む、という感じです。

easy

プレイヤーとはコンポーネントなどアナログ端子で繋ぐことで、
デジタル特有のコピーガードがあっても送信されない仕組みになっています。
(今後アナログ端子自体が減っていくかもしれませんが、今のところは、という感じです)

とはいってもコンポーネントの使えるブルーレイプレイヤーであれば、
そのままの解像度でバックアップファイルが残せますし、
実際見てみるとわかるのですが、ほぼオリジナルに近い映像が残せます。

 
※ただ録画は録画なので、高画質とはいっても、リッピングなどの元データ抽出の手段に比べるとやや画質は落ちます。
そこは仕方ないと思って割り切るしかないと思います。また言うまでもなく当然ですが、録画したDVDは私的範囲で利用してください。
著作権法に違反しない範囲で利用してください。

 
HDMIケーブル、コンポーネントケーブル、コンポジットオーディオケーブルが
付いてくるため、多様な出力形式に対応できます。
DVDレベルであればほぼコンポジット端子などで満足のいく画質で録画できます。

********************************
これまで紹介していた以下の製品ですが、
発売停止や使用自体が違法となるため
2013年12月より紹介を一切しないことにしました。

と、同時に、当サイトでもそういったソフト関係は今後推薦しないこと
を決めました。
********************************

2012年10月に著作権法改正が施行されて、
DVDのリッピングは違法行為となりました。

正しい知識を身につけて、
違法行為は絶対に行わないようにしましょう。

というのも、
2012年10月から著作権法が改正され、
DVDコピーのリッピングという手法が違法行為になりました。

ダウンロードの違法化といい、こういった法律はあまり詳しくニュース等で説明されることもないまま、
どんどん法律化されていっていますので、自分でちゃんと勉強しておく、ということも重要だと思います。

ちなみに「リッピング違法化」という言葉がどんどん独り歩きしていますが、ここにも実はからくりがあって、
単純にDVDのリッピングが違法になったわけではないんですね。
リッピングはDVDからの動画データの吸出しのようなものですが、これが違法になるケースというのは、DVDにコピープロテクトが掛けられている場合のみ、です。
といっても、市販DVD、一般に出回っているDVDにはほぼ100%プロテクトが掛かってますので、まず市販DVDのリッピングは違法と認識して問題ないと思います。

 

DVDのコピーには、

・リッピング
・キャプチャー(録画)

と大きく二つの方法があります。

現在、リッピングが違法化されているのは、前述のようにコピーガードの解除を伴っているからです。
逆に録画はモニターに映っている映像(モニター向けに出力された映像)をそのままキャプチャーする方法のことです。
これであれば、コピーガードの解除はおこなっていませんので違法性はありません。
※もちろんその分のデメリットというのもちゃんとあって、録画コピーなので字幕情報や、メニューチャプターがコピーできない、という落とし穴もあります。

現在、DVDリッピングソフトを販売しているのは、
海外メーカーだけになっていますが、これらはインターネットで気軽に購入できるため、
知らずにダウンロードして無邪気にリッピングをしてしまう人もいると危惧しています。

 

ダメ絶対!リッピング!

 

 

※本内容はブログ記事執筆時の情報を元に記載しています。

DVDコピーには大きく分けて2つの方法があります。

 

■リッピング
DVDに記録されているデータを「データのまま」パソコンに保存します。
【メリット】
・データのままなので画質の劣化が少ない
・コピーにかかる時間が短い
【デメリット】
・コピープロテクトによっては、コピーが一切できない

■キャプチャコピー
DVDの映像を、キャプチャ保存します。
【メリット】
・コピープロテクトの影響を受けにくい。

【デメリット】
・キャプチャーの方法によっては保存した動画の画質が劣化する
・保存に必要な時間はDVDの再生時間だけかかる

DVDのリッピングにしろ、キャプチャコピーにしろ、
それぞれ一長一短といったところです。

ですが、リッピング行為によって
DVDのコピーガードを外すのは厳禁。
私的バックアップですら許されません。

そこで、本サイトでは、
DVDのキャプチャコピーが可能なHDMIユニット「EasyCAP HD」を紹介します。